MENU

債務の負担を軽減する方法

男女

財産を残して債務を減額

債務整理には自己破産と個人再生と任意整理があります。任意整理とは債務者側と債権者側が交渉して債務の減額や支払いの期限などを変更する債務整理の方法です。任意整理と後の二つが違う点は裁判所で免責を受けないという事です。免責を受けると債務者の債務は免除されますが、所有している財産も手放さないといけなくなります。また免責を受けると就けなくなる仕事もあります。メリットとしては持ち家などを手放さずに債務の負担を軽減できる事と免責を受ける事で就けなくなる仕事をしていても失職せずに済む事です。ただし任意整理は裁判所を介さずに交渉するだけに双方が合意して始めて成立する交渉です。その為債務者側が当初の契約条件では返済が不可能だからといって内容を変えるように提案しても債権者側がそれに合意しなければ成立せず個人再生や自己破産という手段を取るしかなくなります。任意整理をする時の交渉は債務者本人がしても問題ありませんが、素人が債権者と交渉して契約書を作成してお互いが合意した事を正しい形で記録するのは難しい事です。後で不備が見つかれば任意整理時の取り決めが無効になる可能性もあるので、専門家に依頼して交渉をしてもらった方が確実に債務整理ができます。代理人として業務を行うのは司法書士でも弁護士でもできますが、司法書士は140万円を超える案件は扱えません。債権が高額な場合は最初から司法書士でなく、弁護士を探して相談すると良いです。

Copyright© 2018 借金返済の負担を軽減【任意で債務整理をしてみよう】 All Rights Reserved.